ネットでの婚活

ネット婚活を上手に活用するために知っておいた方が良いポイントがあります。
サービスの内容からお世話の範囲、会員のタイプや人数、出会いの方法や実際に会うまでの流れ、入会金や月会費などの費用、審査の基準など、ベストパートナーを見つける為に、自分に合ったところを見つけましょう。

 

マリソメ★

marisome(マリソメ)は2013年6月1日にオープンしたネット婚活のシステムです。
低価格で気軽にネット上でパートナー探しを始められるので、若い人にお薦めです。
月々固定 男性 2,940円 女性 1,575円 というお手軽価格。追加料金等は一切無し。
マッチング成立で実際に会うことも出来ます。
結婚紹介所と出会い系サイトの良いところを合わせたような感じで、これから人気が出そうなシステムだと思います。まず写真とプロフィールを見て「いいね!」を送信→相手も「いいね!」をすると成立→LINE感覚のメッセージのやり取りが出来るようになる→お互いOKなら実際に会うことができるという流れ。恋愛シュミレーションゲームを共同作業で進行して絆を深めるという機能も利用できます。会員になると、「いいね!」が50回まで可能で、メッセージは無制限です。●安心ポイント・18歳以上独身のみの参加
・登録時に身分証100%提出(他の会員には見られない)
・匿名で利用でき、実名は非公開
・スタッフが24h365日観視体制●お得ポイント・無料プランあり(いいね!30回迄、初回メッセージ可能)
・追加料金が発生しない
・運営会社が合コンセッティング「こんぱるじゅ」なので安心
・月々固定の低価格
・会員はメッセージが無制限
・リアル恋愛シュミレーションができる●デメリット・まだ会員数が少ない
・わかりやすい顔写真を載せている人が少ない
・相手選びは自己責任で選ばなければならない

ツヴァイ★

ZWEI(ツヴァイ)は、イオングループで上場会社という、かなり信頼感のある結婚紹介所です。
電話応対の評判も良く、スタッフの丁寧で親切な対応で、習い事感覚で楽しくサロンへ通うことができます。
入会審査が厳格なのと、プライバシーをかなり重視していて、写真はツヴァイのサロンへ行かなければ見れないシステムになっています。
法人会員制度があり、法人団体契約数590社、福利厚生として一流企業が多数参加しており、幅広い出会いのチャンスがあります。そして、とにかくプランがたくさんあるので、自分のやり方で自分好みに婚活ができます。基本は、お互いの条件に合った人同士を紹介してもらえる双方向ベストマッチングシステムですが、他にも、条件で選ぶ、価値観や人柄で選ぶ、プロフィールで選ぶ、パーティーやセミナーで選ぶ、プロにコーディネートしてもらう、などなど自由自在です。
友人と一緒割引、再婚者用のプラン、他社からの乗り換えプランなど、サポート費が50%も安くなるものもあります。お子様の婚活をしたい親ごさんのプランもあります。何から選んでいいか分からない人には、今なら30周年記念プランというものがお薦めです。
これだけの規模ときめ細やかなサポートにもかかわらず、入会金 125,000円 月々13,800円 と、リーズナブルな価格です。若くてあまり費用が用意出来ないけど早くから婚活をしたいという方には、 月々7,020円 の20代の特別プランもあります。郵便物も配慮されていて、社名が入っていない封筒なので、家族にも知られず資料請求することが出来ます。しつこい勧誘などもないようです。●安心ポイント
・プライバシー重視
・入会審査が厳格
・成婚料は発生しない
・社名のない郵便物●お得ポイント
・きめ細やかなサポート
・一流企業の会員多数
・プラン多数
・リーズナブルな価格●デメリット
・ツヴァイに行かないと写真が見られない

リエゾンピュア★

お見合い実施率 97.5%、成婚率40%以上の実績。
上質な出会いを求めている方にお薦めの、セレブな雰囲気の会員制結婚紹介所です。出会いからお付き合い、そして成婚まで素敵な演出をプロデュースしてもらえるので、理想の演出をセッティングできます。交際がスムーズに運ぶようベテランカウンセラーによる指導が受けられるので、恋愛経験が少ない方や自信のない方でも何の心配もいりません。もちろん守秘義務も完璧で、連絡には細心の注意を図り家族にも知られずに活動することも出来ます。入会時費用、月会費、お見合い料の金額設定が、入会時費用が安いものと月会費が安いものの2種類あるので自分にあった方を選べます。
●安心ポイント・社会的地位の確かな会員が多い
・カウンセラーのサポートが受けられる
・安心の守秘義務
・入会金、月会費、お見合い料などの金額コースが 2種類ある●お得ポイント・紹介人数、お見合い回数に制限がない
・紹介可能会員数が常時 85,000人
・月会費不要の休会システムがある
・理想の出会いをセッティングできる●デメリット・オフィスが銀座と渋谷のみ
・成婚料が発生するなど費用がやや高め

婚活

世間では晩婚化が進み、生涯未婚率も進んでいます。これは経済発展が進むことで、女性の就業率が上昇することに起因をしています。しかし多くの未婚の人は、好きな異性と一緒に暮らして幸せな家庭を築き挙げたいと、夢を持っていることに間違いではありません。
なお、法律上では結婚を婚姻と呼んでおり、お互いの合意を無くして婚姻が成立をすることはありません。

 

その一方では、インターネットが社会に普及をしたことで、男女が出会う方法も大きく変貌を遂げています。オンライン上では擬似恋愛が繰り返し行われ、メールなどによるコミュニケーション方法を用いることで、恋愛下手な若者を作り出しています。

 

こうした社会背景の中で、実際に婚活をする年齢層は、30歳~34歳の割合が最も高くなっています。
但し、婚活を始める理由は、男性は適齢期を迎えたことがきっかけであるのに対して、女性は理想の相手を探す為に婚活を行うなど、男女によって差があります。

 

また、婚活は男性よりも女性の方が有利に立つ傾向が強いことから、お見合いパーティの参加費用であったり、結婚紹介所の会費なども、一般には男性の方が高く設定されています。
従って、男性の方が婚活では不利な状態に立たされており、相手に対して妥協をするのも男性の方が多くなります。

 

それでも、婚活を通して自分自身を積極的に磨き上げる気持ちを持って、最良の人と巡り合う努力を惜しまないことが成功法といえます。最近では、婚活を助けるサービス機関もたくさん登場をしており、婚活女性をターゲットにしたエステや料理教室も盛況です。

 

また、超高齢化社会を迎えている日本では、高齢者の婚活も増加傾向にあります。伴侶と死別をしたり、熟年離婚などで独り身となった高齢者が、第2に人生をスタートさせようと再婚に踏み切る人が多くなっています。
高齢化社会が進む中で、高齢者の孤独死が社会問題として取り上げられていますが、こうした婚活促進が1つの対策となることに期待がもたれています。

更新履歴