婚活をする理由

晩婚化が進む中で、男女とも30歳を越えると婚活をする人の割合が急に高くなります。但し、婚活を行う理由には、男女の差が若干感じられます。例えば、男性が婚活をする最も多い理由は、適齢に達したことで真剣に結婚を考え出すことになります。それに対して、女性が婚活をする最も多い理由は、理想の相手と結婚をする為の相手探しになります。それ故に、セレブ婚を夢見る女性が、セレブが集まるお見合いパーティーなどに大挙として集うことになります。しかし、理想の相手探しが婚活をスタートさせる理由とする女性は、年齢の若い世代に多いのが特徴であり、35歳を超えて来るとその理由も変わって来ます。まず、女性は年齢を増してくることで、女性の場合は出産や子育てといったイベントに対する時間的余裕が無くなります。従って、35歳を超えると年齢に焦りを感じて婚活を行う女性と、一層のこと結婚を諦めてしまう女性に2分されることになります。因みに、就活では一般に男性が有利とされていますが、婚活では圧倒的に女性の方が有利な立場であるといわれています。女性よりも男性の方が、理想の相手を求めて婚活をしている人の割合が低い理由がそこにあります。従って、男性の場合は多少の妥協も覚悟をしながら、婚活を行っているといえるでしょう。このように、婚活における立場が男性の方が不利であることは、例えばお見合いパーティーなどの参加料において男性の方が高い設定として現れています。