婚活市場における価値

婚活市場においては、年齢によって価値が決められてしまいます。例えば、デパートの商品は良い物から売れていってしまうのと同じく、40歳代で婚活市場に残っているということは、何らかの訳あり商品であると捉えられてしまうからです。即ち、バツイチの人をデパートの商品でいえば、宛ら、返品処分品となってしまいます。そこで気をつけなければならないのが、目に見えるキズと目に見えないキズについてです。風貌であったり体型や話し方などは、見に見えるキズといえるでしょう。それに対して目に見えないキズは、酒癖が悪かったり、暴力的な人物などを指します。また、年齢による価値は、女性の方が急激に下がってしまうことからも、40歳代の女性が20〜30歳代に混じって婚活をすると、圧倒的に不利になってしまいます。お見合いパーティに参加をしても、男性からの申し入れも少なく、肩身の狭い思いをしなくてはいけません。だからといって、その上の年齢層のお見合いパーティに出ると、50歳後半から60歳代のおじいさん予備軍から、結婚相手を探すことになってしまいます。女性の場合は、若いうちが花であり、年齢が評価基準とされてしまう確固たる事実があります。自然な出会いによる恋愛であれば、年齢による価値も然程、気にする必要もありませんが、お見合いパーティのような場所では、相手の評価からスタートをしなくてはいけないことから、年齢によるハンディは大きくなってしまいます。