年代別の婚活事情

一般には、40歳代と20歳〜30歳代では、婚活への取り組み事情も異なるといえるでしょう。例えば、多くの40歳代には、独身であることへの焦りが生じています。特に、子育てから老いまでの人生設計を立てた時に、そのスケジュールに余裕が無いことに気付くのも40歳代となります。これから恋愛・出産・子育てのステップを踏んだ場合、子どもが小学生に上がる頃、自分は何歳になっているのかを計算してしまいます。その時、周辺のお母さん方と比較して、一回り歳をとっていることに気付いたりすると、結婚への焦りを感じるようになります。また、子どもが大人になり子育てが終わった時に、自分の残りの人生が少ないと感じるのも、40歳代といえます。そして、慌てて結婚相談所の門を叩くことになっても、40歳代には選択肢が非常に少なくなっていることに気付かされます。結果、結婚への焦りから妥協へとの繋がってしまうのも、40歳代の婚活となります。その一方で、20歳代〜30歳代の婚活は、セレブを目指す女性であったり、高学歴の男性の参加が多くあります。また、異性とのコミュニケーション能力の低い若者に限って、早くから婚活を行うのも特徴といえます。このように、20歳代〜30歳代の婚活活動には焦りも少なく、お見合いパーティやネット型婚活サービスにも、気軽に参加する人が多くなります。但し、気軽に出会いを求める一方で、気軽に別れられると考える傾向も強くなることに注意が必要です。