お見合いパーティーの概要

一般的なお見合いパーティーでは、まず参加者1人ひとりにナンバーリングがなされます。そして年齢や職業に趣味などを記入したプレートを胸につけます。最初は参加者全員とのトークを目的として、1人数分の時間で区切られながら、回転寿司のようにくるくると相手を変えていきます。なお、多くのお見合いパーティーでは、男女各々20〜30人の参加があることから、この最初のステップだけでも1時間以上の時間を要することになり、相当の体力を消耗することに覚悟が必要です。更に、短いトークの中で、相手の特徴であったり、気になる事柄を記録しなければなりません。そして、全てのトークが終わった時点で、インプレッションが良くて、引き続き話をしたい相手を3人程度に絞り込みます。絞り込みを終えると、相手のナンバーを所定用紙に記入して、主催者側に提出を行います。そして、その用紙が集計されて相手にも告知がされることで、自分に興味を示してくれている相手を知ることが出来ます。すると次には、ファーストインプレッションで良かった相手であったり、自分に興味を示してくれている相手にアプローチを掛けられる、フリータイムとなります。なお、お見合いパーティーによっては、フリータイム中に主催者側から嗜好を凝らした、イベントであったりゲームが取り入れることもあります。こうしてフリータイムが終了を致しますと、最終的に男性の方から女性の方へ、最後の申し込みを入れることになります。このように、最も効率的に異性と出会えるチャンスがあるのが、お見合いパーティーといえます。