データーマッチング型結婚相談所の利用

近年、結婚相談所の多くは、全国で連携をとってデーターを共有しています。従って、結婚相談所に出向いて検索端末機から、希望条件を入力して会員の検索を行って見ると、数百人ものヒットがあることに驚かされます。因みに、データーマッチング型結婚相談所の会員検索機では、希望条件を細かく指定することが最近の特徴です。年齢や職業に年収、住居地の他にも、家族構成についてなども指定が可能です。例えば、長男次男の区別であったり、親と同居の有無、それに過去の結婚履歴なども気になる条件といえます。このように結婚相談所を利用する最大の特徴は、出会う前から相手の経歴を詳しく知り得ることにあります。もしも、自然な出会いから恋愛がスタートしたとすると、最初から相手の詳細を知ることは出来ません。ましてや、相手に聞きづらい内容を、お付き合いの浅い時点から聞き出すことなど出来ないでしょう。従って、相手の詳細を知らない時点からお付き合いが始まって、少しずつ相手のことを知っていくことが恋愛であるのならば、最初から相手の情報を知った上で、結婚を前提としてお付き合いを始めるのが、結婚相談所等を利用したお見合いといえます。こうして検索機を利用して、気になる相手の紹介を受ける為には、結婚相談所への会員登録が必要となります。因みに、会員登録費用や年会費については、各結構相談所によって異なります。また会員登録の際には、お見合い時の釣書と同様に、相手に興味を抱かせるようなコメントを加えるのがポイントになります。