婚活デートの注意点

婚活中のデートは恋愛中のデートと異なり、お互いを確かめ合い評価しあう場となります。まだ、親しくもなく恋愛感情も生まれていない2人が、一日一緒に過ごすことになるのだから、デート中の言動などには充分に注意をしなければなりません。例えば、食事代の会計について、最初から割り勘を持ち出しては、金銭にケチな人間であると思われてしまいす。いくら理不尽に思っても、最初は男性が奢ってあげる姿勢を見せなければなりません。逆に、食事をご馳走した時に、店を出てからきちんとお礼を述べる女性なのか、奢ってもらって当然といった態度をとる女性なのか、見極めるチャンスにもなります。また、デート中は不平不満や否定的な意見など、ネガティブな言葉を発することは避けなければなりません。例えば、レストランで食事に文句を付けたり、ウェイターに横柄な態度をとるのは、印象が良くありません。また、婚活デート中の会話として、自己開示して行くことは大切ですが、自慢話や仕事の愚痴などばかり話すことは厳禁です。特に、デート回数も浅い時点から、相手を批判したり説教をすることは、最も行ってはなりません。婚活デートは結婚を前提としていることから、当然、結婚の話題にも触れて行かなければなりません。但し、結婚を急ぎ過ぎる言動は避けて、少しずつ親密度を高めて行けるように注意が必要です。最初は、映画や遊園地などのアトラクションの力を借りますが、デートの回数を重ねることで、少しずつ2人の会話時間を長くして行くことが理想といえます。