婚活疲労の症状

婚活をすることで疲労症候群を患う人が増加傾向にあります。その症状として、男性はうつ病を、女性は不安障害を引き起こす人が多いといわれています。特に、女性に多い不安障害は、婚活で断られる経験を重ねてしまったことで、不安や恐怖心が募り発症をするものです。このような不安障害は、思春期の頃から異性への恐怖心が大きかった人が、引き起こし易いといわれています。不安障害の具体的な症状には、頭痛や胸痛だけでなく、過敏性腸症候群が主に現れます。最近の婚活は、インターネットを利用した結婚情報サービスなどの利用者が多いことから、メール交換などによる恋愛からスタートをすることになります。しかし、メール交換など文字だけでの遣り取りは、相手への思いも伝わりにくく、不安な感情に陥りやすくなります。また、メールの頻度であったり、メールの文章の長さを気にしたりするようにもなります。自分以外の人とメール交換をすることも容易なことから、恋愛感情が育まれる前に不安ばかりが募ってしまいます。そして不安障害に陥いることで、強い疲労感と自分自身を否定してしまうネガティブな感情に押されがちとなってしまいます。更に、最初は自分自身の否定であったものが、家族や周囲の人間に対しても悲観に思う気持ちが生まれるようになり、やがて将来に対しても悲観をするようになってしまいます。このようにネガティブな感情は、周囲へも悪影響を及ぼしながら成長をしていく危険性を秘めている為に要注意となります。